2010年03月13日

「訴訟への影響ない」=密約文書開示訴訟の原告側(時事通信)

 沖縄返還に伴う財政負担をめぐる密約文書の開示を求めた訴訟は、東京地裁で結審しており、4月9日に判決が予定されている。
 原告側の清水英夫弁護団長は、外務省の有識者委員会による報告書提出を受け、「判決期日は既に指定されており、裁判所は独自の判断をする。報告書の内容が訴訟に与える影響はない」と話した。
 一方、請求が棄却された場合の控訴審については、「原告、被告ともに調査結果を踏まえて争うはず」として、報告内容が影響する可能性を指摘した。 

【関連ニュース】
県独自課税、二審は「適法」=条例訴訟、いすゞが敗訴
檜原村長の敗訴確定=再雇用職員の賃金訴訟
自民府議に29万円返還命令=政務調査費流用、1人は棄却
請求権放棄の議決は無効=市に返還請求命令
元局長証言、密約解明に貴重=鳩山首相

地デジ移行まで500日 難視聴対策衛生も稼働開始(産経新聞)
普天間「県外・国外」 首相うっかり約束!?(産経新聞)
介護報酬1800万円不正請求、2事業所指定取り消し―福岡(医療介護CBニュース)
自民、参院香川で新人を追加公認(産経新聞)
国後沖銃撃、僚船14隻も船位装置停止認める(読売新聞)
posted by シラトリ シュウジ at 05:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。