2010年04月05日

<ネット薬局>販売禁止は合憲 東京地裁判決(毎日新聞)

 医師の処方せんなしで購入できる一般用医薬品(市販薬)のインターネット販売を原則禁じているのは過度の規制で違憲として、ネット薬局2社が、販売する権利の確認を求めた訴訟の判決で、東京地裁は30日、禁止規定は合憲と判断した。岩井伸晃裁判長は「副作用の被害を防止する手段として、規制には必要性と合理性が認められる」と述べ、請求を棄却した。

 訴えていたのは「ケンコーコム」(東京都港区)と「ウェルネット」(横浜市)。「国はネット販売による被害実態を十分に調査せずに規制しており、憲法が保障する職業選択の自由を侵害している」などと主張した。

 これに対し判決は、ネット販売は(1)購入者への情報提供の機会が失われやすい(2)虚偽申告されても真偽が確認できない−−などの理由から、店舗での対面販売に比べ、健康被害防止の実効性を確保することが困難と指摘した。

 09年6月施行の改正薬事法で、一部の一般医薬品には原則として対面販売が義務づけられ、厚労省がネット販売を規制する省令を制定したため、ネット販売業者が「ネット上でも十分なリスクを説明してきた」と反発していた。判決後の会見でケンコーコムの後藤玄利社長は「国側の主張をなぞった不当な判決」と語った。【伊藤一郎】

【関連ニュース】
自殺:半数が処方薬乱用 指示従わず
時代を読む:嶌信彦の眼 地方にみる日本の底力 小さな酒蔵から世界へ、野菜作りのネットワーク
向精神薬:自殺者、過剰摂取も 「適切な管理が必要」
ケンコーコム(3325)はSTOP高をマーク ドラッグ・ラグ是正支援事業への参入検討開始で業容拡大への期待感台頭
ウェルネット(2428)は約1カ月ぶりの高値水準へ急伸 三井住友銀行が株式追加取得、EC決済ビジネスの先行き期待高まる

医療法改正「12年度前後に」―全日病・西澤氏が見通し(医療介護CBニュース)
「捜査員の労苦に敬意」=銃撃事件時効で国松元長官(時事通信)
えっ!板東英二が「GReeeeN」脱退!全国各地でエイプリルフール大騒ぎ(スポーツ報知)
指定弁護士3人を選任 JR福知山線脱線事故で神戸地裁(産経新聞)
<足利事件>「心晴れ完全無罪」 菅家さんうれし涙(毎日新聞)
posted by シラトリ シュウジ at 14:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。