2010年04月10日

民主、参院定数削減数明記へ 参院選マニフェスト(産経新聞)

 民主党の高嶋良充参院幹事長は6日の記者会見で、平成25年以降の参院選に適用することを前提に、夏の参院選マニフェスト(政権公約)に参院定数削減数を明記する方針を表明した。党内に「選挙制度のあり方に関する検討委員会」(藤原正司委員長)を設けて検討を進める。民主党は昨年の衆院選マニフェストで「衆院の比例定数を80削減する」と明記したが、実現していない。

【関連記事】
舛添氏、新党に不参加、自民役職にもつかず
マニフェスト「優先順位」浮上 財源難で苦肉の策
新党には参加せず 党の新人事にも批判 舛添氏
自民、選対本部長代理に石破、石原、小池氏 舛添氏は拒否
なぜか不評「亀井法」中小企業82.3%申請せず
「中国内陸部の資源事情とは…?」

医療者に嘘をついた経験「ある」が28%(医療介護CBニュース)
小学生が“本場の音色”を堪能(産経新聞)
<火災>交番に落とし物届ける間に、ラーメン店全焼 和歌山(毎日新聞)
京都大 「自由をはき違えないで」 入学式で学長がクギ(毎日新聞)
死刑執行は「残念」=鳩山首相(時事通信)
posted by シラトリ シュウジ at 01:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。